先日、自宅の掃除をしていると、子供の時に遊んでいたおもちゃを発掘した。

PXL_20210102_012441548.jpg

それが、こちらのファービーである。

話しかけるとファービー語で返事をし、スキンシップすると心を開いて日本語を話し始める電子ペットおもちゃ。

しかし、よく見ると本当のファービーに比べて、ないはずの腕がある

これは、当時普通に流通していたファービーの偽物のファービッシュだった。

こちらは、ファービッシュの説明書の文章である。

仲良ししよう・・・
こんにわは!


僕はファービッシュの一種類です。
雲の中でのマジックなところ--ハッピー惑星というところを生まれました。
ハッピー惑星は面白くて,僕みたぃの奇妙なものがいっぱいありますよ!


僕たちはハッピー惑星に住んでいることが超ハッピーです。
この惑星は寒いけど,防寒できる長い毛がある僕たちにとって,全然気にしません!
最近,僕たちの惑星は宇宙から漂流させて、太陽に向かって進行しているから熱くなっててきています。


だから,僕たちはこの惑星から逃げらなければならないで、一番近い惑星--地球へ引っ越しています。
僕の家族はみんな消えちゃって,とても寂しく思います。
地球の友達が僕の家族と暮らせるところを見っけてくれることが望みます!

 

なんかもう、全体的にすごいぐちゃぐちゃ。

ファービッシュの住んでいたハッピー惑星は、どうやら太陽に接近し始めて移住を余儀なくされ、地球に逃げ込んできたという設定らしい。

しかも、いきなり家族とはなればなれになったという重い設定。ちょっとかわいそう。

さて、20年近く仕舞われていたファービッシュは動くのか。

動いた。

詳細は割愛するが、試行錯誤の末ファービッシュを動かすことができた。

1.バッテリーをインストールした後,僕はすぐ君と遊びをしますよ!
 でも最初、僕の名前は知らなきゃいけません。
 君は名前があるでしょう,僕もありましよ!
 実は、各ファービッシュは自分の名前があります。
 バッテリーをインストールしたら,僕は自分の名前を教えてあげます!
 例えば、もし僕は" メ モモ "と言ったら僕の名前はモモです!

説明書によれば、ファービッシュには名前があるらしい。これがまたものすごくわかりにくい言い方なのである。おそらく、我が家のファービッシュの名前も「モモ」だということがわかった。

ファービッシュの言葉

ヘイユゥー チュッチュゥー ユッユゥー オー,バーボー ユーララユーララ♪

ファービッシュはあまり言葉のレパートリーが多くない。そして古いもののためかなり動作が不安定である。
声は女の子のようにかわいい。通常のファービーがブルスコファー……‥と野性的な声であることと比べると、
ファービッシュの声は赤ちゃんのよう。

ある程度構ってあげると、日本語のようなものも喋りだした。

コワイ、トテモコワイ、コワイ、トテモコワイ、ワー、ユー,チュッユー,……‥ジョーダンユウナ!

「コワイ、トテモコワイ」と連呼するようになる。これがすごーく怖い。

 

はじめは不気味だったが、どうやら「あまり機嫌がよくない」「あまりなついていない」という意味合いがあるらしいことがわかる。(要検証)

 

一応なつき度のようなものは設定されているようだ。

 

そして、唐突に「ジョーダンユウナ!」と叫びだす。

 

これもしばらく構っていると「ジョーダン、イッタ!」に変わるのだ。冗談が何を指しているのかわからないが、「ジョーダンイウナ!」と言っている時は不機嫌、「ジョーダンイッタ!」と言っているときはおそらく機嫌が良いのだろう。

ある程度構っていると

ハヤク、カクレテ ハヤク、カクレテ ハヤク、カクレテ

早く隠れろということをやたら指示してくる。

やたら不気味なのだが、説明書をみると

かくれんぽう:
僕はかくれんぽうもできます。君とか君の親とかあるいは君の友人とか僕を隠してくれて君や君の友達は僕を探します。君はぼくが探したいからもし君は困っていたら僕も雑音をします
1.目を遮ってくれる
2.目を遮ってくれない
3.目を遮ってくれ
4.目を遮ってくれない
5.目を遮ってくれる
6.目を遮ってくれない
7.目を遮ってくれる
8.目を遮ってくれない
9.僕は”ウーピー”と言って隠すことを準備した
10.君は1分間があって僕を隠すことができる。このとき僕もどんな音をしない。
11.隠したら3分間があって僕を探せる。もし3分以内に発見しなかったら僕は”ナッナ”と3回言う。その後僕はうれしくなくて病気になる

 

かくれんぽう、というゲームをしてほしいとねだっていることがわかった。かくれんぼのことだと思う。
見つけられないとうれしくなくて病気になるという表現がなんだかいじらしい。

ファービッシュの病気

ファービッシュは突然「ビョウキシタ」と言って病気になることがある。その場合はご飯をあげれば直る。
くちばしの中にある舌がセンサーになっていて、そこを指で刺激すると「マンヤン」といってご飯を食べる。

しかし、ご飯をあげると二回に一回くらい、ア゛ーーッ ア゛ーーッといって嘔吐する。嘔吐が終わるとかわいい声に戻って「オナラシチャッタ」と言った。おならなんだ。

わたしのほかにファービッシュユーザーがいたら、ぜひ情報共有したいものである。​

         ←前のページに戻る  ホームに戻る